日雇いアルバイトの探し方

昔はバイト情報誌や新聞の折り込みから日雇いバイトを探すのが一般的でしたが、今は求人サイトから探し出すのが一番手っ取り早いと思います。バイト情報誌や新聞の折り込みは毎週○曜日発行となるので、新しい求人を見るまで待たなければいけません。

 

しかし求人サイトは随時変動しており、フレッシュな求人をいち早く発見する事が可能なのです。

 

しかも求人情報量はどのサイトも多く、そして検索しやすい様工夫してあります。多すぎて探し出すのに時間が掛かり過ぎるという事もないのです。求人サイトには日雇い系の雇用を求めて掲載する企業が多く、それに伴って応募する人も増加しています。ですから求人サイトの方が日雇い案件は多いですし、高収入・高時給からでも検索出来るので、満足いく求人に出会えるでしょう。

 

 

高収入を狙った結果、日雇いバイトに辿り着く人もいます。求人サイトによっては、採用が決定したり働き出した時点で“採用祝い金”を出すという仕組みを取り入れている事もあります。どこの求人サイトでも採用祝い金がもらえるわけではないので、この仕組みを取り入れているサイトから応募するのも1つの方法です。

 

日雇いだと祝い金は少な目かと思いますが、バイト情報誌や折り込みより利点は多いのではないでしょうか。
今までアルバイト情報サイトを利用した事がない人は、是非1度利用して下さい。

 

 

いちいちパソコンを起動しなくてもスマホで対応しています。この点も求人サイト人気の理由で、暇な時にちょっと検索、時間が空いた時にちょっと確認♪こうやってストレス
なくバイト探しが出来るのって、とっても有り難いですね。

 

バイト求人サイトお勧めはコチラ


株式会社ディップが運営しているアルバイト求人情報サイトです。株式会社でディップは設立して17年という実績があり、その他の運営会社に比べてその信頼と実績は高いです。求人は365日24時間更新されており、1時間おきに更新しているため、つねに最新の求人情報が掲載されています。求人の掲載数は時期によって異なりますが、常時7〜8万件は掲載されています。日雇いバイトの求人数は関東で3000件以上、関西で約1000件以上、東海で600件以上も掲載されており、それぞれを地区や職種などで検索をすることが可能です。バイトルのとくちょうとして、応募バロメーターという求人に対して応募がどれくらいあるかを表記するサービスがあります。求人の人気を一目で知ることができるため、自分が希望するバイトがどれくらい人気があるかなどを知ることができちゃいますよ。

株式会社マイナビが運営しているアルバイト求人情報サイトです。株式会社マイナビは設立して40年以上という長い実績があり、他の運営会社に比べてはるかに長い実績があり、その信頼感は他を圧倒しています。平成20年のアルバイト情報サイトランキングで、総合評価で1位に選ばれるなど、求人情報サイトの中でも多くの人に利用されています。求人は毎日1時間ごとに更新されており、求人数は常時7万件以上も掲載されています。求人の地域は関東・東海・関西などに分かれ、中にはリゾートという地域もあるなど、全国を7つの地域に分け、それぞれの地区で求人情報を検索することができます。日雇いバイトの求人数は、関東では2000件以上、関西では600件以上、東海では400件以上掲載されています。その中から職種・時給・時間帯など細かく検索をすることが可能なので、希望に合ったアルバイトがきっと見つかりますよ。

運営会社はバイトルと同じ株式会社ディップです。バイトルとの大きな違いは、バイトルは様々なアルバイトを取り扱っていますが、はたらこネットは派遣の求人情報を主に取り扱っているサイトです。派遣の求人情報サイトとして他を圧倒しており、求人情報の数は関東では14000件以上、関西では5000件以上、東海では4000件以上ととても多くの派遣の求人を取り扱っています。サイト内には派遣についての基礎知識を学ぶことが出来る情報も満載です。仕事の雇用形態のメリット・デメリット、派遣法について、派遣で働くことのメリットや注意点や、派遣で働くことのメリットや注意点など、派遣の仕事を探したり働く時の心構えなどを知ることができちゃいます。派遣会社の人気ランキングもあるので、どこの派遣会社がいいか迷った時は、人気の高い会社を選ぶなんてのもアリですね。派遣で日雇いバイトを探すなら、派遣に特化した「はたらこネット」がおススメですよ。

 

日雇いといっても当日にお金が必ず貰えるわけではありません!!

日雇いというのは、1日ごとの約束で雇うこと。又、その約束で働いている人の事を指します。ですから給料支払いは様々だと理解して下さい。

 

日雇いバイトの給料は、即日払いか翌日払い、翌週払いが多いです。

 

派遣会社によっては月単位で計算し、翌月まとめて支払うというケースもあります。即日払いを期待して働いたのに、いざ仕事が終わったらお給料が貰えなかった・・・とガッカリする人、実は結構いるのです。

 

求人内容に給料の支払い方法が記載されている派遣業者を選び、契約時に給料についてもう1度確認する事が大切です。

 

同時に確認して頂きたいのが、支払方法です。即日払いで多いのが現金渡しで、これもすぐにお金が必要な人にとっては嬉しいです。しかし現場で直接現金渡しをしてくれる派遣会社もあれば、会社側が指定した支給日に合わせて、こちらがお給料を受け取りに行くという決まりの会社もあります。

 

 

どちらの場合も領収書を記載する筈なので、印鑑を用意しましょう。最近では、日雇いでも給料を銀行振り込みにする派遣会社が増えてきました。現金を持ち歩く事がないので安心ですね。

 

しかし振込み支給規定額というものを定めている場合があり、働いた分より少ないお金が振り込まれ、残りは月末にまとめて振り込まれるという場合も有り得ます。

 

日雇いなのに給料を分割されると、何となくモチベーションが下がってしまいます。後々トラブルを起こさない様に、やはり給料については良く確認する事が大切です。

 

【Wワークでも人気】
日雇いがWワークとして人気が高い理由は数多くありますが、本業に合わせて働く事が出来るというのが最大のポイントです。本業と通常のアルバイトでWワークをするとなると、本業が残業の時にアルバイトを休む事になったり、休日出勤が入ってバイトを休む事になったりと、バイトに支障をきたします。それが続くとトラブルとなり、本業にも支障をきたしかねません。あくまでWワークと割り切るには、日雇いバイトが適しているでしょう。(今月は給料が多かったから日雇いを入れるのはやめよう)(今月はちょっと多めに日雇いを入れよう)など、経済状況に応じて働けるのも有り難いですね。この様に気楽にWワークをするのが、長続きしてお小遣いが多く稼げるコツだと思います。仕事に穴を空けて迷惑をかけ
てしまう、もしくはバイト代が病院の通院費に消えてしまう。これでは元も子もありませんからね。空いた時間に日雇いバイトで高収入をGETし、その他は本業に全力投球する。このバランスをうまく持続できれば、Wワークとして長く両立できる事になります。勿論女性でもWワークが人気ですし、女性の方がお得な日雇い案件は沢山あります。女性で2足のわらじって何だかカッコイイ!これからもWワークは人気のワークスタイルとなるでしょう。

 

 

更新履歴